ゲイビ好き腐女子の部屋

ゲイビfandomと界隈のアレコレ。徹頭徹尾腐女子向けです。

ゲイビの茶番を愛す。

 

Licoです。

今日はわたしが最も重視するゲイビの導入部について書きます。

 

 

geibijoshi.hatenablog.jp

 

このエントリーでも書いたのですが、ゲイビの導入部は何パターンかあります。

①ヤリ部屋(あからさまにサウナみたいなこともあれば、無人のナイトクラブみたいなもののときもある)にもう一人が入ってくる→目が合う→いきなり始まる

②メインのModelのみあるいは両Modelへの(多分監督さんからの)インタビュー。

(変形パターンとして、Model同士二人のインタビュー形式の会話の場合もあります)

その後ベッドのある部屋で絡み始める。

③導入のみ(もしくはオチ含め)普通の映画めいたささやかな茶番。

 

この中でも、わたしがゲイビで一番好きなのは猿芝居というか、茶番です。

こういう茶番、英語では

cheesy storylines

っていうのかな?と思うんですが、わたしの場合、この茶番が好きでゲイビ見てると言っても過言ではない!

ズコバコやってるシーンだけだったら、Twitterのgifとか動画漁ればかなりUpされてますからね。(*この辺のことはまた別エントリーで紹介します。)

でも、わたしは本番よりも茶番が好きなの〜〜〜❤️❤️❤️

 

残念ながら、低予算(且つ演技<<ち◯この大きさ)なゲイビ界にはあまり台詞(screenplay)のあるSceneは多くはないのですが……。

 

わたしの推しちゃんは演技もとっても上手❤️(そこに惚れた❤️)なので、なるべく茶番メインで仕事選んで欲しいなぁって思ってます。

 

cheesy上等❤️